2009年12月31日

声優の仕事 ラジオドラマ・ドラマCD




映像の演技に合わせる必要がないので、
演技の自由度が高く、私も好きな仕事です。

出演人数によって、
多人数でスタジオに入り、立って演じる場合と、
少人数で、座って演じる場合とがあります。


映像が無いので、

聴いている方にイメージが伝わるように意識する必要があり、
ややテンション高めで、濃いめの演技をしたほうがしっくり来るようです。

既にアニメなどがあるドラマCDの場合には、それなりに役の制約がありますが、


小説や漫画からのラジオドラマ・ドラマCD化の場合には、

誰もその声を知りません。

自分のイメージで自由に作れるので、とても楽しいです。


ドラマ形式のラジオCMもこの部類に入るかと思います。

時間は、ほんの30秒〜90秒くらい。

その中に大量の情報を凝縮させるのですから、
大概、最初に録音したときは


時間オーバー(苦笑)


そこから、
間を詰めたり、語尾を短くしたりしてタイムアタックするわけです。

初めて現場で会った演者達にも関わらず、
なんとかタイムに入れる為に工夫をし、
最後にディレクター(演出)から


『入りました。いただきました!』


という瞬間は、なかなか心地良いものですよ。


良かったら一日ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

アニメ声優・ナレーターになりたい!〜養成所・学校へ行く前に〜TOP


posted by masa at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 声優の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。