2010年01月02日

ナレーション




CM・ラジオ番組・テレビ番組・企業ビデオなどの原稿を読み録音する。

画面に登場している役でないことのほうが多く、

時には視聴者側になったり、
その中間になったりと、

第3者の位置で喋る必要もあり、

一般的に言われる声優とは、また少し違う技術が必要です。


大きくわけて、

■キャラクター・ナレーション
役(キャラクター)を作り、その役でナレーションをする

『SMAP×SMAP』の増田晋さんや『いきなり!黄金伝説。 』の平井誠一さんのような、ハイテンションで喋るものや、

『リンカーン』や『おネエ★MANS』の
阪井あかねさんのような、色っぽいお姉さん風、

『ぶらり途中下車の旅』や『ぴったんこカン・カン』の
滝口順平さんも、これにあたります。


余談ですが

近頃流行っているのが、

有名俳優がやる


ボソボソナレーション(ぼそぼそ喋るだけ)


もキャラクターナレーションでしょう。


■ストレート・ナレーション
ビデオやテレビ・ラジオでの一般的なナレーション。

いかに的確に内容を伝えていくかの技術が必要で、
ナレーターやアナウンサー、ベテラン声優などが起用されます。

ニュースドキュメンタリーなどで、
硬く喋っているのが、それにあたります。


よろしければ、お願いします↓
人気ブログランキングへ

アニメ声優・ナレーターになりたい!〜養成所・学校へ行く前に〜TOP


posted by masa at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 声優の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。